ロルフィングのプロセス


ロルフィングは10セッションで構成され、「レシピ」と呼ばれるセッションのガイドライン、ゴールに沿って行われます。料理のレシピと同じで、料理の仕方はレシピに載っていますが、料理の仕上がり、プロセスは人それぞれです。同じ人が世界に二人いないように、ロルフィングのプロセス、効果、結果も個人個人で変わって来ます。ロルフィングの受け手とロルファーの二人で、一緒に料理を作っていくのがロルフィングです。

下は、ロルフィングを受けた子供の写真です。一番左がロルフィング前、その右がロルフィング後です。右側の写真で彼の表情を見ると、ロルフィング前の彼の様子と印象が違うと思いませんか?さらに、一番右は、同じ少年の数年後の写真です。これは、ロルフィングのプロセスが10セッションが終わった後にも続く事、そしてロルフィングの効果が持続的である事を示しています。


セッションのペースは週に1回〜2週間に1回ぐらいが望ましいです。数日時間を空ける事で、前回のセッションの効果がより次のセッションに反映されます。また、その間に新しい感覚、動きを試す事も出来ます。もし長期間時間が空いてしまう場合には、表層部、深層部の区切りとなる、第3セッション後、第7セッション後が良いタイミングでしょう。


一般の方は人生で10シリーズを受けるのは1回でしょう。10シリーズが終わった後、数ヶ月時間をあけて頂く事で、身体が統合されていきます。その後は、セッションが必要だと思う時に、単発でセッションを受けて頂いたり、ポスト10と言われる、10シリーズを受けた人がさらにバランスの向上を目指して行う3〜5回のセッションで構成されるものが勧められています。また、事故や怪我をした際にも、一度ロルフィングを受けられる事をお勧めします。


→ 10シリーズ

Athletic Trainingat.html


Rolfingrolfing.html


Profileprofile.html


Sessionsession.html


Accessaccess.html


Bloghttp://otoisu.exblog.jp/




Homeindex.html