ロルフィング


ロルフィングとは、アイダ・ロルフ博士(1896-1979)が創ったテクニックで、彼女の名前からロルフィングと呼ばれるようになりました。彼女は自分のテクニックの事をストラクチュラル・インテグレーション(身体構造統合法)と呼んでいたのですが、通称であるロルフィングの方が広く知れ渡っているのが現状です。


彼女は1920年にコロンビア大学より生化学の博士号を取得しており、その後12年間に渡りロックフェラー・インスティテゥートで研究されていました。ロルフ博士は、その後自身と息子達の健康の為に、様々な分野を学びはじめます。ホメオパシー、オステオパシー、カイロプラクティック、ヨガ、アレクサンダーテクニック、コージブスキーの概念などに関心があったようで、ロルフィングはそれらのテクニックがベースになっています。そして、1940年代から徐々に彼女の元に助けを求めて人が集まりだし、彼女はその後30年間をロルフィングの確立の為に費やしました。


オステオパシー、カイロプラクティック、整体などは、骨格のアラインメントと健康の関係を示唆しています。ロルフ博士はさらに、重力が身体に与える影響を考えなければいけないと言っていました。彼女は、身体構造バランスの崩れた状態だと、重力の影響で軟部組織のネットワークに歪みが生じると考えました。逆に、統合された身体では重力のラインが一直線に身体を抜けていくようになるので、今まであった様々な問題が治っていきます。一時的では無く、長期的に身体のバランスを整えていくためには、骨だけでは無く、骨の位置を決定付ける、周りの結合組織(筋膜、腱、靭帯など)のバランスもとても大切になってくると考えたのです。


全体のバランスを整えるプロセスで、ロルフィングでは主に筋膜に働きかけます。筋膜とは、皮膚の下にある伸縮性を持つ結合組織の事で、筋肉、骨、内臓、神経など全身を覆っていて、身体を形作っています。鶏肉を料理する時に見る事ができる白い膜が筋膜です。身体を局所的にみるのでは無く、全身のバランスを整えて行く事で、楽な姿勢、そして自由な動きが生まれてくるのです。筋膜のバランスを整えていく感覚は、靴下、ストッキングなどが捻れてしまって、動き辛く、違和感があるのを直す感じに似ています。身体本来の動きの妨げになっている筋膜の捻れ、骨格の位置の歪みを、正しい位置に戻していくプロセスがロルフィングなのです。


→ セッションの流れ

 
Athletic Trainingat.html


Rolfingrolfing.html


Profileprofile.html


Sessionsession.html


Accessaccess.html


Bloghttp://otoisu.exblog.jp/




Homeindex.html