Introduction
2004年春、2月28日から3月14日まで、
メジャーリーグでのインターンシップの為にアリゾナに行ってきました。
配属先はアリゾナダイアモンドバックス。
ここでは、その時書き留めておいた日記を紹介します。

また、次のコーナーには、インターン中に学んだ事を紹介しています。

2/28 (Sat)
12時頃アリゾナのフェニックス空港到着。
他の面子との待ち合わせ場所に行くと、
丁度アメリカからの参加者3人と合流。
しばらく4人で話をしていると、日本組み、
残りのアメリカ組みと皆揃い、
ホテルへ移動する事になりました。
今回のプログラムでは、
アメリカでアスレティックトレーニングの勉強をしている日本人6人、
日本からの参加者6人の、総勢12人が参加しています。
日本からの参加者と、
アメリカからの参加者がペアになって行動するわけですね。
ホテルでしばしまったりした後は、
シアトルマリナーズのヘッドトレーナー主催の
懇親会のようなものに行きました。
実際にメジャーのトレーナーの人たちと会い、ちょっと感動。
軽く話をして、マリナーズのトレーニングルームを見回って、 初日は終了しました。

2/29 (Sun)
朝から、僕達DiamondbacksとWhite Soxの4人は、
昨晩泊まったPhoenixからTucsonへ移動。
途中休憩した時に、サボテンを撮りました。
アリゾナは、本当に話しに聞くようなサボテンが、
完璧な形でそこら中に生えているので、結構驚きました。
Phoenixから約二時間南下すると、Tucson。
Arizona DiamondbacksとChicago White Soxが
Spring Campを行なっているコンプレックスに到着しました。
まず、Diamondbacksの方のトレーニングルームへ行くと、
なんと僕達が泊まるはずだったホテルが一杯になっているので、
ホテルを変えなければいけない事が判明。


しばし時間がかかるという事なので、
残りの2人もWhite Soxの方も挨拶に行って、
その間僕達は待機。写真撮りました(笑)。
結局、この日はそのままTucsonをウロウロして、
結局Holiday Innに連れていかれて終わりました。

夜は、White Soxの日本から参加のてっちゃんの針講習会。
僕も首に針打ってもらいました。

3/1 (Mon)
ついに研修開始!!
朝の七時前からトレーニングルームに行って、
基本的な事を習いました。
しばらくすると、有名選手がくるくる。
Randy Johnson, Luis Gonzalez, Steve Finley, Richie Sexsonなどの
メジャーリーガーが普通にウロウロしているから、
名前を言われるまでは分からなかったりしました。
さすがにRandy Johnsonは一発で分かりましたが(苦笑)。
でけーと思って見ていたら、目があってしまい、
そのまま無視するのもなんだったので自己紹介したら、
"I am Randy Johnson."と確り自己紹介プラス握手してくれました。
1人で、いや、知ってるから、、、とか突っ込みつつ、
感動していました(笑)。

練習中は、マイナー選手の方の練習についていました。
初日なのでどんな感じが良く分からないところもあったので、
University of Northern Arizonaからインターンで来ている、
JimmyとTriple Aのトレーナー、
Gregに色々質問していたら一日が終わりました。
その日の最後に、Head Athletic Trainerの
Paulが肩のストレッチをやっていて、
じーっと見つつノート取っていたら、
やってみろ、と教えてくれました。

研修が終了して、ホテルに戻ると、今日はWhite Soxのトレーナーの人たちが、
僕達を寿司店に連れて行ってくれるという事なので、行ってきました。

White Soxのトレーナー陣も皆良い感じの人が多かったです。
Assistant Athleitc Trainerの人がOSUのGuidoを知っていたので、
ちょっと盛り上がったりしました。
やはり、共通の知り合いがいると、そこから話が始まるので良いですね。


3/2 (Tues)
この日も、朝の7時前から研修開始。
この日の練習中は、ブルペンに行き、
Randy JohnsonとBrandon Webbが投げている所を見る事ができました。
しかし、雨の為に練習も早めに終わって、3時頃にはホテルの方に戻っていました。
終了(笑)


3/3 (Wed)
この日も朝から雨で、練習が早々に終了してしまいました。
しかーし、この日はLuis Gonzalezことゴンゾが
僕達インターンの連中を食事に連れていってくれたのです。
まず行った先はTDというShowclub。
ゴンゾ行き着けの店らしく、お見上げのTシャツまでもらってしまいました。
あんな経験は、自分でお金払ってはできないでしょうなぁ。。。

晩飯は、SAKURAという鉄板焼きがある日本食料理屋。
ロブスター、ホタテ、エビという超豪華な鉄板料理と、
寿司、刺身をご馳走になりました。
アメリカに来てから食べた中でも
TOP5に絶対入るだろうってぐらい美味しかったし、
たらふく食べさせてもらいました。
写真も一緒に撮ってもらい、最高に楽しかったです。
本当にゴンゾはナイスガイって感じが漂っているし、
実際に凄く良い選手です。

3/4 (Thur)
この日も雨の為にオープン戦の初戦が中止。
暇だった時間に、PaulにどれだけBiomechanicalなアプローチをするかなど、
色々質問しました。

この日は、一日だけだったものの、レンタカーをゲットできたので、
University of Arizonaに行ったり、ちょこっとTucsonを回ったりしました。
モールでJohnny Deppのポスターもゲットしたりと、初めてTucsonをうろうろしました。



3/5 (Fri)
今日は初試合!
運悪く試合中はトレーニングルームで、
リハビリの手伝いだったので、初ダグアウトはお預けでした。
でも、この日はWhite Soxの高津投手が登板する予定だったので、
その時だけトレーニングルームを抜け出し、
スタジアムの後方から隠し撮りしました。
夜は、PBATSの講習会がありました。
TFCCの手術方法、エフェドラなど、
興味深い情報はありましたが、
トレーナーとして直接役立つ情報はあまり無かったです。
まぁ、情報として知っておけばOKかな、という感じですね。
ノートは一応取っていたものの、夜も遅く、
眠かったのもあって、あまり覚えてません(苦笑)。
結局、全て終わってホテルに戻った時には10時半ごろになっていました。


3/6 (Sat)
朝の練習では、またRandy Johnsonのピッチング練習を見れました。
基本的に、こちらのピッチング練習は球数ではなく、
7分で投げれるだけ投げて交代という感じで行なわれています。
かなり効率的だなぁ、と思いました。

この日は、初めてダグアウトに入りました。
メジャーの選手達と肩を並べ、フェンスによっかかって、サンフラワーシーズを食べる。
なかなか良い感じでした。
試合の内容じたいは、オープン戦という事もあって、選手の交代が激しく、
こんなもんなんかな、、、という感じで感動は薄かったです。

この日はかなり天気が良く、日焼け止めを塗っていなかった僕はかなりヒリヒリしていました。


3/7 (Sun)


この日も朝から超晴天!!
朝日と満月の月が同時に見えるという感動的な景色に、
思わずトレーニングルームに入る前、
ブルペン、ダグアウトにウォータークーラーを運ぶ時に 写真を撮りました。

今日は、Danny Bautistaという、
スターターの選手にアンクルテープをしました。
彼が試合で二塁打、安打と今まで調子が悪かったのに、
この日は大当たりだったので、かなり嬉しかったです。
試合の終盤では、ピッチャーが元ダイエーのラジオ、
そしてキャッチャーが元西武のジンターという、
昔日本でプレーしていた2人でバッテリーを組んでいました。
ジンターとは良く話をするし、逆輸入組みには頑張ってもらいたいなぁ、と思います。
でも、2人ともメジャーに残れるか残れないかのギリギリの選手、やはりレベル高いっす。


3/8 (Mon)
この日は午前中の練習で、Steve Finley、Richie Sexson、
Shea Hillenbrandの3人の特打ちの際に外野で球拾い。
このダイモンドバックスを代表する選手達の球拾いができるなんて、
なんていう幸せ者!とか思いつつ、ギラギラと照りつける太陽の下、外野を走り回ってました。
二回ぐらいRichieのセンターフライも捕りましたよ!
バッティング練習の後のノックの時も、キャッチャー役をやったので、
上の3人が投げる球を捕ったりしてました。すげー楽しかった!


午後の試合では、Randyが先発しました。
ロッキーズの球場に移動して、試合観戦。
珍しいRandyの右打席も見ることができました。
写真も盗み撮り(笑)。
この日は色々と楽しい一日でした。


3/9 (Tues)
昨日とほぼ同様のルーティーン。
この日はピッチャー陣のバッティング練習中に球拾いしていました。

午後の試合は、主力陣が出ている間は、
しまった試合だったのでよかったのですが、
主力選手が交代すると、だらけた試合展開に。
中継ぎ投手がぼろぼろだったし、かなりだれた試合になってしまいました。

夜は、早川さん、関場さん、紳介、そして僕で夕食を食べに行き、
日本の話とかも色々できて、良い刺激になりました。


3/10 (Wed)
朝起きると、鼻がぐずぐず。
喉も痛く、やばい、とうとう風邪ひいた!という感じで始まりました。
練習の時は、またブルペンでRandy Johnsonと、
Matt Mantei(Dbacksの抑え投手)が投げているのを見て、
ピッチングフォーム研究していました。
野球を見るだけで、実際に自分がプレーできないのは、
かなりキツイです(笑)。

試合はBrandon Webbの先発で始まり、
昨日と同じように主軸が出ている間は良かったものの、
中継ぎからまた崩れ始め、だれた試合になりました。

夜は、風邪でダルかったので、晩飯だけ食べに行って、
早々に薬を飲んでから寝ました。


3/11 (Thur)
この日は、メジャーの選手は遠征という事で、
マイナーリーグの方に研修に行きました。
これがこれで、色々教えてもらえたし、
メジャーとマイナーでの違いも見れてかなり面白かったです。

Single Aかな?にいる日本人投手にも会う事ができました。
彼は、Y校を出てからこちらに来たそうです。
今20歳のTetsuya Yamaguchi君です。
やはり英語に苦労していると言っていましたが、
日本の高校球児!という感じの好青年でした。
ピッチング練習見たときも、日本人の投げる、良い球を投げていました。
コーチ、トレーナーの人たちに彼はどう?と聞いた時も、
"He is a nice guy, He takes care of his body."と言っていたので、
これからも頑張ってもらいたいですね。

この日は、1時過ぎにはもう全て終わってしまったので、
White Soxの試合を少し見ていました。
球場をぐるぐる回り、
一塁側の一番前の席に座って観戦したり、
はっきり言ってなんでもあり状態でした(笑)。
プルペンで投球練習をしている
高津投手がこんなに近くで見れたりと、
本当の野球ファンなら、このスプリングキャンプというのは、
ものすごく楽しいはずです。

3/12 (Fri)
この日は朝から遠征、という事で、7時にはバスに乗り込んで、Surpriseに向かいました。
バスに乗って揺られる事二時間半、Surpriseに到着。

試合前の練習が終了し、トレーニングルームに戻ると、
PaulがRandyをストレッチしていました。
今日もRandyが先発なので、かなりワクワクです。
そして、試合開始時間。
僕はPaulに頼まれて、
一人選手をストレッチしてから、
ダグアウトの方に向かいました。
この写真の真ん中になっている、
とてつもなくでかいのがRandyです(笑)。

試合は残念ながら負けてしまいましたが、
Randy、Shane、Mattのピッチングが見れたので大満足!
Mattは、普通に95MPHぐらい出ていました。球速いっす。
試合が終了してTucsonに戻ってくると、夜の7時ぐらいでした。


3/13 (Sat)
この日は、研修最終日。
朝から雨で練習が無くなったので、その間に色々な人からサインをもらいました。
皆今日が最後なんだ、と言ったら何?!もういなくなるのか?残念だな。
と言ってくれたので、本当にもっと長くいたい気持ちが強くなりました。
ゴンゾもユニフォーム、ポロ、帽子をくれて、サインとコメントを書いてくれたり、
監督のBobにも、Thanks for everything!とか言ってもらい、
こっちがThank youだよ〜と思いました。
本当に、良い選手、スタッフが多くて楽しい研修でした。
試合も、延長サヨナラ勝ちと、最後に相応しい試合でした。

最後に紳介と一緒に球場の前で写真を撮り、
また他のインターンの人達がいるPhoenixへ移動です。
バンでうとうと。
どうも水曜日以来本調子で無かったので、
相変わらず薬飲んでました。
晩も全然食欲が無く、
皆で最後にバイキングに行ったものの、
食べたのはサラダ半分(苦)。
でも、最後のお別れ会では、
結局徹夜で語り明かしました。


3/14 (Sun)
土曜日から引き続き、語っていました。
結局は出発の六時前まで、貫徹。
空港に行くバスでは、気がついたら空港についていました。
皆チェックインして、お土産を買ったら、もう出発の時間になりました。
ゲートがそば、飛行機も日本組みの皆と1分違いぐらいだったので、
セキュリティを通るまでは一緒で、皆とお別れ。
飛行機に三時間、シャトルバスに揺られる事二時間、
やっとこさ家まで帰ってきました。
日本組みに比べたら全然楽なんでしょうが、
体調が本調子じゃなかった所に貫徹で、
かなり死にそうな状態でした(苦笑)。


Extra
一日一日の日記に、夜、または暇な時間に
何をしていたかははしょりましたが、
大抵は皆で色々な話をしていました。
Tucson組みの隆、哲ちゃん、紳介、僕は仲も良かったので、
バーでビリヤードやったり、一緒に飯食いに行ったり。
White Sox組みとDiamondbacks組みで、
別れる時も時々ありましたが、
基本的に紳介と僕は常に行動を共にしていました。
色々、両方にとって刺激的な話ができたのでは無いでしょうか。

最終日も、徹夜で語ってしまったのは、
熱く語る人達がいて、楽しかったからです。
Phoenix側では、少しアメリカ組みと日本組みで、
意見の食い違いがあったりしたそうですが、色々な話が聞けて面白かったです。
今後、日本でアスレティックトレーナーという分野を伸ばして行くためには、
必ず通らなければいけない道だと思うし、個人差はあるにしても、
少しずつでも日本の現状を変えていきたいと思っている
人たちに会えたのは良い刺激になりました。
アスレティックトレーナーの勉強をしている連中と
会って話をする時が一番楽しいですね。
今回の出会いを今後も大切にしていこう、と思います。
AT @ HIRO